2015年08月13日

妊娠力子宮 温めるに関する情報

子宮 温めるに関する情報提供サイトです。 妊娠力について実際の体験談や生の声をお届けします。

Q

子宮を温めるナプキン 生理用ではない、子宮を温めるナプキンとやらがドラストで売ってましたが、使った事ある人いますか?冷えに効くらしいのですがどうなんだろう

A

想像しただけで臭いとかプ〜ンてしそうだし 蒸れて蒸れて痒くなりそう

関連質問

ニュース

都心で働く女性は痩せすぎ? 仕事の忙しさ影響、高い朝食欠食率

 ■不妊症など婦人科疾患のリスク上昇  仕事の忙しさから、都心で働く若い女性は朝食を抜き、痩せている−。昨年9月から約半年間かけて実施された「まるのうち保健室」で、こんな傾向が分かった。同年代の全国平均に比べ、朝食欠食率は際だって高く、冷え性、妊娠、婦人科疾患などへの影響が懸念されている。(鈴木美帆)                    ◇  まるのうち保健室は、三菱地所(千代田区大手町)が平成20年から行っている「食育丸の内プロジェクト」の一環で、一般社団法人ラブテリ(中央区日本橋)と共同で新丸ビル(千代田区丸の内)などで昨年9月から約半年間、骨密度測定や管理栄養士によるカウンセリングを実施した。  ◆20〜30代対象に調査  このうち、20〜30代の女性749人を対象にした調査で、肥満度を示すBMIの19以下を「痩せ」としたところ、28%が分類された。19以下になると、不妊症や子宮内膜症など婦人科疾患のリスクが上昇するとされている。18・5未満を痩せとする国民健康・栄養調査の全国平均約20%と比べ、都心で働く女性の痩せ傾向が際立った。  また、朝食欠食率は全国平均19・5%に対して36%と約2倍。理由として、「少しでも長く寝ていたい」「前夜の飲み会で胃がもたれている」などが挙げられた。  同法人代表理事の細川モモさんは、「忙し過ぎて、食生活が機能していない人の健康状態がよくない」と指摘する。朝食の欠食は、エネルギー摂取量低下につながるという。  痩せやエネルギー不足は冷え性にも関係し、約6割の女性が悩まされていた。痩せるほど冷えの体感度が高まり症状が強くなるとされ、朝食を食べて体を温めることで、改善も期待できる。  ◆健康は正しい食生活から  細川さんは、「健康は正しい食生活の上にある」と食の大切さを強調。朝食の菓子パンをヨーグルトにする、残業前のおやつに栄養素を多く含む食品を食べるなど、「これならできる」という工夫を勧める。  またそれに応じられる環境が求められることから、丸ビル(同区丸の内)では8月まで「Marunouchi Cafe×WIRED CAFE」を開催している。午前7時半から、おにぎりや羅臼昆布のだしなどの和朝食を味わえる。  今秋もまるのうち保健室が開催予定だ。仕事の都合でなかなか病院に行けない女性でも、「自分の力で健康を高めるための知恵と知識を身に付けてほしい」(細川さん)としている。

関連ニュース

子宮を温める健康法 [ 若杉友子 ]子宮を温める健康法 [ 若杉友子 ] 【楽天ブックスならいつでも送料無料】 1512円
posted by nana at 09:41| 妊娠力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。