2015年08月13日

妊娠力子宮 温める 効果に関する情報

子宮 温める 効果に関する情報提供サイトです。 妊娠力について実際の体験談や生の声をお届けします。

Q

子宮内膜症に効果的なもの教えてください 今年25歳になる者ですが、10代の頃からかなりひどい生理痛に悩まされてきました。 21歳の時、急激な腹痛で救急車で運ばれそのまま腹腔鏡手術をうけ、子宮内膜症の診断を受けました。それからはピルやディナゲストを服用し、半年に一度定期検診に行っています。 ピルを飲んでいるので昔のように生理痛はありませんが、生理前に卵巣のあたりがずきずき痛んだりするたびに、完治しないこの病気が少しずつ進行していってるんだなって憂鬱になります。将来子供だって生みたいのに、不妊の原因にもなるのでなんとか進行して欲しくないと思います。 そこで、病院の検診やピルなどの薬以外に何でも良いので試してみたいんですが、漢方ぐらいしか知りません。 実際にやられている方でも、なんか聞いたことあるとかでも信憑性なくても何でも良いんでとりあえず教えてくださいm(__)m 結果ダメでもやれるだけのことをやりたいと思います!

A

大変でしたね。子宮内膜症は鎮痛剤は効果ないときもありますし、痛みがつらいですよね。 私が調べて行ったことをいくつか紹介します。 @風呂に入って体を温める。東洋医学では内膜症は血液が滞って起こる病気と言われているので。血行を良くするといいです。40〜42℃のお湯に15分〜20分、本を読みながら入っています。(これは、免疫力を高めるので効果があります!) Aストレスを減らす、疲れが溜まったら、リフレッシュ時間を自分の時間に取り入れる。ストレスや疲れで生理痛や排卵痛が悪化したことがあったので、音楽聴いたり、散歩したり、喫茶店でボーっとしたりして自分のための時間を作っています。 B痛みの材料のもととなる、乳製品・肉類を控えめにする。内膜症の痛みは、簡単に言うと、細胞膜→【ホスホリパーゼ】→アラキドン酸→【シクロオキシゲナーゼ】→プロスタグランジン(痛み)という流れで、【 】を材料としなが痛みを発しています。【 】の材料が肉類・乳製品なので、控えると痛みが減るかと思います。(最初は控えていましたが、食べたくて私は続きませんでした…。もし、ピルが骨量を減らすものだったら、しないほうがいいです。) C歩く。血行促進のため。(痛みがあるときは休む…) いろいろ試しましたが、こんな感じです。参考になれば幸いです。 お大事になさってください。

ニュース

セックスに役立つ3つのボディケア

夏を前にダイエットをしたり、体を鍛えたりするのなら、見た目だけじゃなく、セックスをするうえでも役立つ体づくりの秘訣を知りたい! 幸せな「ラブライフ」のあり方を提唱するOLIVIAさんに、愛される体づくりのポイントを教えてもらおう。 「膣の締まりをコントロールする膣トレは欠かせません。椅子に座ったままいつでもできるので、ぜひ取り入れてみてください。初めは、膣だけを意識して締めるのがむずかしいかもしれませんが、次を参考にチャレンジしてみてください」(同) 基本のトレーニングは、背筋をのばして、膣を子宮のほうに引き上げるようなイメージで“締める”“緩める”を繰り返すこと。最初のうちは、前→中(膣)→後ろ、と順番にきゅっと締めていくと、膣を意識しやすいそう。 「始めてすぐに効果が出るものではないので、習慣にして続けましょう。また、セックスの前にお腹のあたりを温めて、骨盤まわりの血流が滞らないようにするのもおすすめ。血の巡りがいいと体液の循環もよくなるので、セックスのときに濡れやすくなりますよ」(同) また、女性が憧れる“なりたい”体と、セックスに役立つ体はちょっと違うものなのだとか。女性はスリムになりたいと思いがちだけど、男性が好むのはどちらかというと肉感のある体。まずは、どのパーツがどんな触り心地か、自分の体をよく知るべき。 「お風呂でマッサージしながら確かめてみるといいですね。凝っている部分は手触りもかたく感じるはずなので、しっかりほぐしましょう。また、セックスでは足裏など、ふだんはあまり触らないところも触れ合うもの。角質を除去して、顔と同じように化粧水とオイルやクリームで体のすみずみまでスキンケアして、柔らかな触り心地にしましょう」(同) OLIVIA さんによれば、女性にとって気になる太ももや二の腕のお肉も、なめらかで触り心地がよければプラスの要素になるとか。今回説明した3つのポイントに毎日気を配って、彼に喜んでもらえる“いい体”になって。【オズモール】
子宮を温める健康法 [ 若杉友子 ]子宮を温める健康法 [ 若杉友子 ] 【楽天ブックスならいつでも送料無料】 1512円
posted by nana at 09:41| 妊娠力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。